文字サイズ

大学紹介

本学の概要や組織情報、施設案内等についてご紹介します。

海ごみの発生と回収処理の促進に関する研究

海ごみ研究プロジェクト

海ごみの発生と回収処理の促進に関する研究

環境省の補助金事業において2014年3月まで実施してきた移動経路調査既存の研究を引き続き実施しています。また、関係者を集めての意見交換、普及啓発を目的としたシンポジウムを実施します。

研究方法
  1. 漂流ごみの移動経路調査
    (第2回放流)
    • 気仙沼沖(110352)、宮古沖(110353):(6/30で追跡終了)
      (第4回放流:宮古沖)
    • 樽型(120925)、筒型(:120928)、ペットボトル型(120931)
      (第4回放流:気仙沼沖)
    • 樽型(120926)、筒型(120929)、ペットボトル型(120932)
      (第4回放流:相馬沖)
    • 樽型(120927)、筒型(120930)、ペットボトル型(110351)
生ごみや小型家電のリサイクル推進策に関する研究.jpg
生ごみや小型家電のリサイクル推進策に関する研究.jpg

これまで放流した漂着ゴミの事例

漂着ゴミ

漂着ボトルを発見された方はサステイナビリティ研究所までご連絡お願いいたします