教育情報の公表

このページをプリントする
公立鳥取環境大学の教育情報を公表します。

第1号 大学の教育研究上の目的に関すること

  • 環境学部環境学科
    「持続可能な地域社会づくりのための具体的な提案・実践ができる人材の育成」を目指し、環境問題を地域と関りながら取り組む授業やグローバルな視点を養う教育を通して、専門的な知識と思考力・行動力や高い教養、応用力を身につけた人材を育成します。また、教職課程を設け、環境問題に関する基本的理解を持った教員を養成することを目的とします。
  • 経営学部経営学科
    「自然環境と共生する社会の構築に貢献できる人材の育成」を目指し、社会において持続可能な経営のあり方を考え、様々な課題や業務等について具体的に企画・実行できる幅広い知見と実践力を持つ人材を育成します。特に、地域の担い手として、地域産業の発展や地域社会の課題解決に寄与できる人材、北東アジア交易で活躍できる人材を育成します。
  • 大学院
    • 環境経営研究科・環境情報学研究科(修士課程)
      • 学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥を究めて、文化の親展と産業の振興に寄与することを目的とします。

第2号 教育研究上の基本組織に関すること

学部

大学院

 

第3号 教員組織、教員の数並びに各教員が有する学位及び業績に関すること

第4号 入学者に関する受入方針及び入学者の数、収容定員及び在学する学生の数、卒業又は修了した者の数並びに進学者数及び就職者数その他進学及び就職等の状況に関すること

アドミッション・ポリシー

  • 全学
  • 学部
  • 大学院
  • 入学者数、収容定員・在学生数、卒業生の進路状況

    第5号 授業科目、授業の方法及び内容並びに年間の授業の計画に関すること

    第6号 学修の成果に係る評価及び卒業又は修了の認定に当たっての基準に関すること

    • 成績評価等
      1. 成績評価と単位の授与

        成績評価は、各授業科目のシラバスに記載された評価項目(試験、レポート、小テスト、平常の成績、出席状況など)を勘案して、総合的に判定されます。合格者に対しては、その授業科目の終了が認められ、所定の単位が与えられます。成績評価と点数の基準は次のとおりです。

        判定 合格 不合格
        評価 A B C F
        評点 100~80 79~70 69~60 59以下

        ※評点を付さない科目、合格をS、不合格をFで評価します。

      2. 他大学等において修得した単位等の認定

        他大学等において修得した単位などが、本学において修得したものとして認定されることがあります。他大学等で単位を修得し、本学の単位として認定を受ける場合は所定の手続きを行い、60単位を超えない範囲で教授会が決定します。

    • 卒業認定の基準及び学位
      • 卒業認定の基準
        1. 学部
          本学の学部を卒業するためには以下の要件を満たさなければなりません。
          1. 在学年数
            4年以上在学しなければなりません。これは、単なる在籍期間と異なり、学習期間が4年以上ということで、休学等による学習中断期間は在学期間に含まれません。
          2. 所定単位数の修得
            本学において定められた教育課程に従って学習し、各学部・学科の授業科目区分毎の必要単位を修得し、以下の表に定められた単位数修得しなければなりません。
          環境学部環境学科
          区分 卒業要件
          人間形成科目 総合教育科目 12単位以上(必修6単位、選択6単位以上)
          環境基礎科目 2単位(必修2単位)
          外国語科目 16単位以上(必修16単位)
          情報処理科目 4単位(必修4単位)
          キャリアデザイン科目 2単位以上(必修2単位)
          総合演習科目 8単位(必修8単位)
          44単位以上
          専門科目 学部基礎科目 58単位以上(選択肢必修2単位以上※、選択56単位以上)
          ※「自然環境保全概要」「循環型社会形成概論」「人間環境概論」の内から2単位以上
          自然環境保全系科目
          循環型社会形成系科目
          人間環境系科目
          演習科目 8単位以上(必修8単位)
          66単位以上
          その他
          人間形成科目、他学部専門科目及び単位互換科目から8単位以上
          その他すべての科目(自学部専門科目を含む)で10単位以上
          合計 128単位以上

          経営学部経営学科

          区分 卒業要件
          人間形成科目 総合教育科目 12単位以上(必修6単位、選択6単位以上)
          環境基礎科目 2単位以上(必修2単位)
          外国語科目 16単位以上(必修16単位)
          情報処理科目 4単位(必修4単位)
          キャリアデザイン科目 2単位以上(必修2単位)
          総合演習科目 8単位(必修8単位)
          44.単位以上
          専門科目 学部基礎科目 28単位以上(必修12単位、選択16単位以上)
          学部展開科目 16単位以上
          学部共通科目 14単位以上
          演習科目 8単位以上(必修8単位)
          66単位以上
          その他
          人間形成科目、他学部専門科目及び単位互換科目から8単位以上
          その他すべての科目(自学部専門科目を含む)で10単位以上
          合計 128単位以上



        2. 大学院
          本学の修士課程を修了するには、2年以上在学し、30単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、修士論文あるいは修士作品の審査及び試験に合格しなければなりません。ただし、在学期間に関しては、優れた業績を上げた者と認めた場合には、1年以上在学すれば足りるものとします。
      • 学位について
        卒業要件を満たし、卒業した場合には以下に示す学位が授与されます。

        〔学部〕

        学部 学科 学位
        環境学部 環境学科 学士(環境学)
        経営学部 経営学科 学士(経営学)

        〔大学院〕

        研究科 専攻 学位
        環境情報学研究科 環境情報学専攻 修士(環境情報学)

    第7号 校地、校舎等の施設及び設備その他の学生の教育研究環境に関すること

    第8号 授業料、入学料その他の大学が徴収する費用に関すること

    第9号 大学が行う学生の修学、進路選択及び心身の健康等に係る支援に関すること

    Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.