文字サイズ

大学紹介

本学の概要や組織情報、施設案内等についてご紹介します。

東日本大震災による漂流ごみの移動経路把握による二次災害防止に関する研究

(研究期間:平成24年4月~平成26年3月)

東日本大震災に起因する津波によって発生した大量の漂流ごみは、沿岸地域に漂着して湾岸の閉塞、船舶の航行等への障害をもたらしましたが、その多くは未だ太平洋上を漂流しており、その移動経路次第では海外において新たな二次災害が発生する可能性もあります。これらの問題に対処し海外の地域住民に及ぼす被害を最小限に止めるため、漂流ごみの移動経路の調査や漂流ごみによる被害状況とその発生源を調査します。また、漂流ごみ情報の多面的活用策や漂流ごみの移動予測モデルの構築について検討します。

漂流ごみの調査

移動経路調査のため、東北沖より発信機を放流

研究方法

1. 漂流ごみの移動経路調査
2. 漂流ごみ情報の多面的活用策の提案
3. 漂流ごみによる被害状況と発生源の調査
4. 漂流ごみの移動予測モデルの構築