文字サイズ

Sustainability Research Institute
サステイナビリティ研究所

サステイナビリティ研究所は、グローバルな視点と個別的なローカルな問題意識をもって、地域の独自性を生かし、地域社会の発展や活性化に貢献したいと考えています。

サステイナビリティ研究所

サステイナビリティ研究所は、グローバルな視点と個別的なローカルな問題意識をもって、地域の独自性を生かし、地域社会の発展や活性化に貢献したいと考えています。

概要
所長挨拶
シンポジウム
■過去の研究
研究活動分野例
研究成果

【持続可能な社会に向けて 循環型社会の構築を追究】
今や低炭素社会、循環型社会、自然共存社会を築いて持続可能な社会を構築することが世界の共通目標になっています。そのような背景の中、2009年7月に開設した公立鳥取環境大学サステイナビリティ研究所では、自然資源エネルギー研究室/ごみ・産業廃棄物研究室/持続的農林水産研究室/自然・歴史環境研究室/環境社会システム研究室といった5つの研究室(分野)で構成され、持続可能な農林水産のあり方や廃棄物問題、自然資源を利用したエネルギーの活用など、環境の持続可能性(サステイナビリティ)をテーマに研究を推進しています。
2011年3月には、232.24平方メートルの木造平屋建で、研究室2室、ギャラリー・ホール、事務室などを備え、以下のように環境に配慮した研究所施設が完成し、より一層の研究の推進、研究成果の情報発信を行っていきます。
所長挨拶
「持続可能な社会に向けてSDGs活動をもサポート」
化石燃料を大量に消費し続けると、二酸化炭素のような温室効果ガスが増大して地球温暖化現象を引き起こすなど環境負荷が増大し、持続可能な社会を維持することが困難になります。これを防ぐためには、経済性を考慮しつつ、再生可能エネルギー導入を拡大し、水資源、バイオマス資源などの有効利用とリサイクルを推進し、生物多様性を維持し生態系を守ることが非常に重要になります。これらは国連サミットで採択された17のゴールから構成されている持続可能な開発目標(SDGs)とも基本的に一致するものであると考えます。私共は本研究所の独自性を活かし、かつグローバルな視点をもって地域社会の発展や活性化に貢献したいと考えています。この実現に向けて様々な活動をしながら学生とも一緒に行動し、持続可能な社会を目指し、次世代のための人材育成を図ります。

 

研究所所長 田島正喜
[ Profile ]
東京工業大学卒業、同大学大学院総合理工学研究科電子科学専攻修士課程修了後、東京ガス株式会社入社。2002年新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)エネルギー・環境技術開発室出向。2009年3月東京大学大学院農学生命科学研究科生物・環境工学専攻博士課程修了・2011年4月九州大学大学院工学研究院機械工学部門教授。2015年地球環境産業技術研究機構(RITE)CO2貯留G出向、九州大学水素エネルギー国際研究センター客員教授。2017年4月公立鳥取環境大学環境学部教授、2020年4月公立鳥取環境大学サステイナビリティ研究所所長に就任。
過去の研究
  • ■自然資源エネルギー研究室
    ■ごみ・産業廃棄物研究室
    ■持続的農林水産研究室
    ■自然・歴史環境研究室
    ■環境社会システム研究室
    ■その他
  • 報告書
    ・自然資源エネルギー研究室
    ・ごみ・産業廃棄物研究室
    普及啓発映像
    環境省 環境研究総合推進費補助金による研究事業です。各研究の目次をクリックすると外部サイト(Youtube)に転移します。