甲田ゼミが週末だけのまちのみせ2019で 「プチ・ホイリゲ!(田舎のパブ的なもの)」を実施しました

甲田ゼミが週末だけのまちのみせ2019で 「プチ・ホイリゲ!(田舎のパブ的なもの)」を実施しました

このページをプリントする
最終更新日:2019-11-27
SDGsロゴ

 

本学環境学部甲田ゼミが、2019年11月9日(土)・10日(日)に鹿野町を代表するお祭り「週末だけのまちのみせ」で、「プチ・ホイリゲ!(田舎のパブ的なもの)」を実施しました。

 

本活動の目的は、かつては3反分の田んぼがあった荒れ地(=通称、中庭)を地域の方々と観光客、若者との憩いの場、交流空間の場に蘇らせ、空き地を通した地域の活性化を目指すことにあります。本活動は、古民家リノベーションなど鹿野町の活性化のために取り組んできた、地域の方々とゼミとの協同的実践活動の集大成です。

 

夏休みにもゼミ生たちは、NPO法人いんしゅう鹿野まちづくり協議会や気高木工製作所、地域の方々と幾度も話し合いを重ねました。様々な指導やアドバイスを受けながら、中庭をホイリゲに蘇らせるための設計から草刈り、中庭の整備などもゼミ生の手で行いました。

 

鹿野町を代表する企業であるAkari Brewingにも協力いただき、当日はゼミ生がデザインしたオリジナルラベルのAkari Brewingビールを4種類とジュースなども用意いたしました。

 

地域の方々や観光客、大学生など30名近くお越しいただき、とても賑やかなものとなりました。
以下来場者から寄せられた感想です。 ・活気が出ていい。定期的にやってほしい。若い人と話せて、楽しかった。 ・いろんなゲームを教えてもらって勉強になった。鳥取のことも勉強でき、もっといたかった。 ・地元の人しか知らないような、隠れ家みたいな場所で、ゲームして、お話して、飲んで。ユニークな試みだと思う。次回もまた来るので頑張って

 

中庭のビフォー中庭のビフォー
中庭のアフター中庭のアフター

 

ゼミ生のデザインしたラベル付きビールゼミ生のデザインしたラベル付きビール
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.