第1回SDGsカフェ「フェアトレードを知り、消費者行動を見直してみよう!」を開催しました

第1回SDGsカフェ「フェアトレードを知り、消費者行動を見直してみよう!」を開催しました

このページをプリントする
最終更新日:2019-10-01
SDGsロゴ

2015年9月、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」は、すべての社会的主体に行動や協働を要請しており、企業や消費者にも主導的に解決を担うよう求めています。

 

公立鳥取環境大学の経営学部の学生有志メンバー6名(今井さん、河津さん、近藤さん、田川さん、田中さん、最上さん)が、身近な消費からSDGsを考えるきっかけとして「フェアトレード」をテーマにSDGsカフェを開催しました。

 

クイズやフェアトレード商品(コーヒーや紅茶、お菓子等)の試食、ディスカッションやお手製の神経衰弱ゲームを通して、参加者と一緒にフェアトレードへの知識を深めました。

 

学生による説明学生による説明
ゲームの様子ゲームの様子
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.