学生が若葉台地区ふるさと祭りの企画・運営に参画しました

学生が若葉台地区ふるさと祭りの企画・運営に参画しました

このページをプリントする
最終更新日:2019-09-06
SDGsロゴ

 

令和元年8月24日(土)、第4回若葉台地区ふるさと祭りが開催され、本学の学生有志も参加しました。 若葉台地区まちづくり協議会が「若者の新たな発想を取り入れた」イベント企画をしようと、鳥取市が行う「公民館における若者によるまちづくり事業」に申請し、採択されたものです。
同協議会が昨年度に引き続き、8月のふるさと祭りと12月のクリスマスイリュージョンの企画・運営に参加する環境大学生を募集したものに、本学から瀧川紘輝さん(環境学部2年)と岡本朋樹さん(経営学部1年)の2名が手を挙げてくれました。
6月からの打合せは8回を数え、学生からの企画提案説明、その実現に向けての検討が進んでいき、学生がデザインしたちらしも近隣各所に張られました。
当日は、午後4時からスタートし、この夏の思い出作りにと企画した手形アートには多くの親子連れに立ち寄っていただきました。また、会場全体を回ってもらうことをねらいとしたスタンプラリーも実施されました。
そして、夕方、薄暗くなると、やぐらや提灯が点灯され、祭りは最高潮に。
演奏に駆け付けた和太鼓部も力強いバチさばきで盛り上げ、会場からは大きな拍手が送られていました。

 

ふるさと祭り関係者からも、本学学生の参加によりまつりが盛大なものになったとお礼のことばをいただきました。

 

 

事前の打合せ会議の様子事前の打合せ会議の様子
親子による手形アート親子による手形アート
スタンプラリーの最後は手形アートコーナースタンプラリーの最後は手形アートコーナー
和太鼓部の力強い演奏和太鼓部の力強い演奏
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.