【SDGs】本学学生団体「TUES地球環境を考える会」がSDGsカードゲームイベントを開催しました

【SDGs】本学学生団体「TUES地球環境を考える会」がSDGsカードゲームイベントを開催しました

このページをプリントする
最終更新日:2019-05-27
SDGsロゴ

 

令和元年5年25日、本学の学生団体「TUES地球環境を考える会」が、SDGsカードゲームイベント開催しました。このイベントは、カードゲームを通じて、楽しみながらSDGsについて考え、学ぶことを目的として行われたものです。SDGs推進ネットワークin九州 代表の亀井直人さんを講師にお迎えし、学内外から約40名が参加しました。

 

ゲームは、全体を仮想の世界として捉え、各プレイヤーが持つ資源(お金、時間、意志など)を活用して、多様なミッションを遂行するごとに世界に波及する正と負の影響を観察しながら、経済、環境、社会の各面でバランスのとれた発展を目指すものでした。
ところが、実際にゲームが進むと次第にバランスが崩れ、極端に経済面に偏った展開となるチームもありました。
状況が悪化してきたゲームの中盤からは、各プレイヤーが危機感を持ち、協調したり、譲歩しあったりして、行動に変化が生じるとともに世界の状況は少しずつ改善されていきました。ゲームを通じて、参加者は自らの行動で社会が変わることを認識する機会となったようでした。
本学では、昨年、SDGs取組み宣言を行っており、引き続き、大学運営のあらゆる場面において、SDGsの趣旨に沿った取組みを推進していきます。

 

 

イベントの様子イベントの様子
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.