生物部主催「はちゅうるいカフェ 菓鱗」をまちなかキャンパスにて行いました

生物部主催「はちゅうるいカフェ 菓鱗」をまちなかキャンパスにて行いました

このページをプリントする
最終更新日:2016-09-01

平成28年8月14日(日)、まちなかキャンパスにて生物部と起業部の有志によるイベント「はちゅうるいカフェ 菓鱗」が開催されました。
この企画は様々な爬虫類と触れ合いながら鳥取の名産品で作られたお菓子やお茶を楽しんでもらい、身近に暮らす爬虫類への誤った知識を変えてほしい、鳥取の隠れた名物に関心を向けてほしいという思いのもとスタートしました。
会場には環境学部2年で菓鱗店長の渡邊兆さんが自宅で飼育している、1mを越えるアオダイショウ3頭や、ヒョウモントカゲモドキ等10種類20匹の爬虫類(一部両生類も)が集まりました。
当日は家族連れや観光客の方が延べ207名来訪されました。「ヘビとの触れ合いを通じて飼いたい気持ちが強くなりました」「爬虫類にもちゃんと感情があるんですね」「実は可愛い生き物だなんて知りませんでした」「パワーアップした次回が待ち遠しい」等の感想を頂きました。
生物部では今後も、「生き物の力で鳥取を持ち上げる」を基に、地域への貢献活動の一環として「はちゅうるいカフェ 菓鱗」を続け、地域に愛される大学のイメージづくりや爬虫類へのイメージアップ、より良い空間や交流、教育の場にしていくとのことです。

<渡邊兆さんのコメント>
今の私たちに出来ることを続け、新しく探しながら、大学と地域の皆さんの理解と協力を得られるよう努力します。

 

集合写真集合写真
水入れでくつろぐ鴨の羽(アオダイショウ雌)水入れでくつろぐ鴨の羽(アオダイショウ雌)

 

寝起きのばなな(ヒョウモントカゲモドキ)寝起きのばなな(ヒョウモントカゲモドキ)
賑わう店内賑わう店内

 

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.