鷲野教授が中国地域産学官連携功労者表彰を受賞しました

鷲野教授が中国地域産学官連携功労者表彰を受賞しました

このページをプリントする
最終更新日:2008-07-29

平成20年7月17日(木)・18日(金) 第8回中国地域産学官コラボレーション会議において、本学教授 鷲野 翔一 教授が、共同研究者の株式会社小河自動車(八頭町)小河 守 社長 とともに、産学官連携功労者表彰(共同研究・技術移転功労賞)を受賞しました。
この賞は、大学、公的研究機関、企業等の産学官連携活動において、大きな成果を収め、また、先導的な取組を行う等、産学官連携の推進に多大な貢献をした優れた成功事例(もしくは将来期待できる事例)に関し、その功績を顕彰するものです。
このうち、今回受賞となった 共同研究・技術移転功労賞 は、「企業等と大学等との共同研究・受託研究等、又は大学等の研究成果である特許・ノウハウの企業等への技術移転による成果の事例」に対して表彰されます。

 

成功事例:エンジンフラッシングによる燃費改善

 

この事例における研究は、グリーン購入法(国等による環境物品等の調達の推進に関する法律)における特定調達品目(自動車整備の役務)として、本年1月に開催された同品目検討会にて認定され、燃費削減すなわちCO2排出削減の効果が期待されているものです。

中国地域産学官連携功労者表彰受賞

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.