紅葉の摩尼山トレック-「賽の河原」石積み塔づくりのお知らせ

紅葉の摩尼山トレック-「賽の河原」石積み塔づくりのお知らせ

このページをプリントする
国登録記念物「摩尼山」鷲ヶ峰の立岩(たていわ)に近接する平場周辺を「賽の河原」と呼んでいます。幼くしてこの世を去った子どもたちが親を偲んで小石を積み上げ供養塔をつくるのですが、鬼がやってきて塔を壊そうとします。地蔵菩薩がその鬼たちを追い祓い、巨大な賽の神(陽物=ファルス)が辺土を浄化します。18世紀末の『因幡志』には石を積み上げた小塔が「賽の河原」に散在する様が描かれています。明治期になると、地蔵堂や鐘楼が建設されますが、それらも今は基壇を残すのみになっています(大きなファルスは今も祀られています)。このたび登録記念物「摩尼山」の歴史性と景観を回復させるプロジェクトの一環 として、鷲ヶ峰に石積みの小塔をつくり「賽の河原」の原風景を再現することを目的としたトレック大会を開催します。ご家族・友人等お誘いあわせの上、ふるってご参加ください。定員は30名です。

運営組織等

主催: 登録記念物「摩尼山」活用整備委員会
共催: 摩尼寺・摩尼寺保存会
後援: 鳥取県教育委員会・鳥取市教育委員会
*このイベントは2018年度公立鳥取環境大学学内特別研究費助成「登録記念物『摩尼山』の景観整備に関する基礎的研究-賽の河原と地蔵堂の復元を中心に-」によるものです。

日時

平成30年11月10日(土)

10:00 摩尼寺門前 門脇茶屋の前に集合
門脇茶屋広間でミニレクチュア
【門脇茶屋】鳥取市覚寺619-1 ℡0857-24-6630
10:30 トレッキング開始 摩尼川源流を遡上
11:30 鷲ヶ峰「賽の河原」で小石を積み供養塔づくり
12:00 昼食(詳細はチラシ参照)
12:40 摩尼寺境内にむけて下山
13:30 門脇茶屋前で解散
*雨天の場合は茶屋広間で講演(1時間弱)。昼食休憩後、摩尼寺境内を参観。
 登録文化財「本堂・鐘楼・山門」、市指定文化財候補「庫裡」、県指定保護文化財「仁王門」などについて現場
 で説明します。

事務局(お問い合わせ先)

公立鳥取環境大学保存修復スタジオ(鳥取市若葉台北一丁目1番地1)
FAX&TEL:0857-38-6775   E-mail:hozonshufuk@kankyo-u.ac.jp
*参加希望者はファックスまたはメールでご連絡ください。

関連リンク先(浅川研究室ブログ)

摩尼山「賽の河原」再現-石積みトレック大会のお知らせ(4)

摩尼山「賽の河原」再現-石積みトレック大会のお知らせ(2)

摩尼山「賽の河原」再現-石積みトレック大会のお知らせ(1)

 

イベントの詳細はチラシを参照してください。

※画像をクリックするとチラシをダウンロードできます。

チラシチラシ
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.