公立鳥取環境大学長候補者の選考(再任審査)について

公立鳥取環境大学長候補者の選考(再任審査)について

このページをプリントする

平成29年度末をもって、高橋 一 学長の任期(4年:平成26年4月1日~平成30年3月31日)が満了することに伴い、下記のとおり学長候補者の選考(再任審査)を行います。

1 現学長の再任審査について

学長選考会議から現学長に再任意思の有無を照会するとともに、再任の意思のある場合は、提出された調書等の審査及び面談を行い、再任の可否を審議します。
なお、現学長に再任の意思がない場合又は審議の結果再任を否と決定した場合は、新たな学長候補者の選考を行います。

2 新学長候補者の選考について(現学長の再任以外の場合)

(1)学長候補者の推薦要請

学長選考会議から本学経営審議会及び教育研究審議会に、学長候補者の推薦(審議会毎に2名以上5名まで)を要請します。

(2)学長選考候補者の選考

学長選考会議は、両審議会から推薦をされた者に対し、学長候補者となることの意思を確認するとともに、提出された調書等の審査及び面談を行い、それらを総合的に判断し、学長候補者の選考を行います。

3 公立大学法人公立鳥取環境大学学長選考会議について

経営審議会及び教育研究審議会から各3名選出された計6名により構成

4 選考(再任)結果の公表について

選考(再任)結果は本学ホームページに掲載するとともに、報道機関に公表します。
(再任の場合はH29.5月下旬頃、新たな学長を選考する場合はH29.10月頃を予定)

※詳細については、別紙をご覧ください。

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.