文字サイズ

本学の環境学部と経営学部の混成チームが「全国大学生マーケティングコンテスト」で第2位を受賞しました

SDGsロゴ

12月15日に神戸市外国語大学で開催された「全国大学生マーケティングコンテスト」で、本学の環境学部と経営学部の混成チームが第2位を受賞しました。
毎年異なるスポンサーが販売する製品のマーケティンプランを競うこの英語のプレゼンテーションコンテストには3年前から本学の学生が出場しており、今回の受賞は初出場で特別賞を取って以来となります。今年は神戸の老舗文具店のナガサワ文具センターがスポンサーで「神戸インク物語」が対象製品でしたが、デジタル社会においても、「手書き文化」が若い女性に受け継がれていることに着目し、インクのトライアルの場としてカフェを活用するプランを提案しました。バイリンガルの学生が多い私立大学や英語専攻の学生チームに劣らないプレゼン力と、実行可能性の高いプランが評価されました。
経営学部3年の春名このみさんを中心に、環境学部3年杉本糸音さん、森美沙さん、そしてインドネシアからの留学生であるオスティナ・ワイブシさんが出場し、経営学部1年の亀井杏奈さんもプラン作成に協力しました。また、人間形成教育センター中村弘子准教授をはじめ経営学部の教員や英語村のスタッフのサポートもありました。

 

 

プレゼン当日の様子プレゼン当日の様子
学長への報告学長への報告