【SDGs地域塾】鳥取市の農業施策について意見交換を行いました

【SDGs地域塾】鳥取市の農業施策について意見交換を行いました

このページをプリントする
最終更新日:2019-11-01
SDGsロゴ

 

令和元年10月30日、環境学部山口創講師と農業に関心のある有志学生7名が鳥取市農政企画課と意見交換を行いました。この意見交換会は、新規就農者の確保や農業振興にかかる各種施策を検討するにあたり、若者の意見を収集・反映するために鳥取市から要請を受けて開催されたものです。
集まった学生たちは、農業高校で取り組んだ有機農業で痛感した農業の難しさ、農業ボランティアで体感した農業労働の厳しさなど、実体験を踏まえて意見を述べました。また、有機農業でブランド化や農業でベンチャー起業を志す前向きで挑戦的な声も多数ありました。
学生からは「6次産業化を支援する人材育成プログラムが考えられないか」「農業の担い手として、若者だけではなく定年退職者や趣味・志向のあう層に訴求できないか」といった提案があり、鳥取市の職員から「着眼点が素晴らしい。ぜひ検討したい」とお褒めの言葉をいただきました。

 

意見交換のようす意見交換のようす
意見交換のようす意見交換のようす
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.