文字サイズ

学生が若桜学園の夏休み学習支援教室にスタッフとして参加しました

この夏休み(7月22日(水)~8月7日(金))、若桜町教育委員会からの要請を受け、本学の学生19名が若桜学園の児童生徒に対して地域の支援者の皆さんと共に学習支援を行いました。

参加した小学生は28名、中学生は18名。ドリルや問題集などの宿題のわからないところについて学生がアドバイスするというやり方です。
若桜町公民館を会場に、午前は小学生、午後は中学生と分けて、毎回90分間。それぞれ11回開催されましたが、学生も自身の授業日程と調整しながら参加しました。

参加した環境学部3年の三浦光瑠(みうらひかる)さんは、「夏休み期間中に学校の仲間と勉強する場所が設けられ、勉強のサポートもあるという学習支援活動は素晴らしいものだと思いました。どの子も意欲的に学習に取り組んでおり、とても楽しく教えることができました。」と感想を寄せてくれました。

2学期には、放課後学習の手伝いを、このメンバーで行う予定です。

 

小学生に説明する学生小学生に説明する学生
中学生からの質問に答える学生中学生からの質問に答える学生