【中央大学共同フィールドワーク】中央大学期末成果報告会に参加しました

【中央大学共同フィールドワーク】中央大学期末成果報告会に参加しました

このページをプリントする
最終更新日:2018-12-26

公立鳥取環境大学と中央大学とは、連携協力協定に基づく交流事業として、8月に鳥取県内で両大学の学生が参加する共同フィールドワークを実施しました(8月29日から31日まで)。
12月15日に中央大学多摩キャンパスで開催された期末成果報告会(中央大学FLP環境・社会・ガバナンスプログラム)において、発表の機会をいただき、両大学の参加者がフィールドワークでの学修成果のプレゼンテーションを行いました。
報告にあたっては、両大学の参加者を2班に分け、9月から4か月の間にメンバーが連絡を取り合いながら、班ごとに報告内容をブラッシュアップして報告会に臨みました。
報告会では、各班の発表後に質疑応答や指導教員からの補足説明などにより、新たな気づきを得るなど、それぞれが学修内容を深める機会となりました。
また、報告会終了後の茶話会では、参加者によるお互いの大学の情報交換を行い、交流をより深めました。

 

■全体テーマおよび各班のテーマ
 ・全体テーマ  海洋生物資源の持続的な利用―鳥取県の水産関連施策の背景―
 ・各班のテーマ
  1班:水産業の課題解決に向けた私たちの提案
   (中央大学生2名、公立鳥取環境大学生3名)
  2班:フィールドワークから見えた問題(消費者の魚離れ、魚価の低迷)
  (中央大学生2名、公立鳥取環境大学生4名)
■スケジュール(2018年12月15日13時から実施)
 ・開 会
 ・各ゼミの発表(8ゼミ)・共同フィールドワーク2班の発表
 ・講 評
 ・閉 会
 ・交流会

 

 

参加者集合写真参加者集合写真
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.