八頭町柿原で開催されたインスタレーションに本学学生が参加しました

八頭町柿原で開催されたインスタレーションに本学学生が参加しました

このページをプリントする
最終更新日:2016-11-08

10月28日(金)29日(土)30日(日)、廃村となった山間の集落、八頭町柿原で開催された内藤満里子インスタレーション「廃村・いのちのうつしかえ」に谷口利璃子さん(環境学部4年)はじめ、本学学生6名が参加しました。
学生達は会場準備の段階から集落に入り、ゴミ集めや清掃から展示物の配置を行い、イベント当日もスタッフとして来場者の誘導や作品の紹介に一生懸命取り組みました。
来場者は、昔暮らしていた人たちの息遣いを感じながら、懐かしさと芸術の素晴らしさに触れていました。

 

作品を紹介する谷口さん作品を紹介する谷口さん
作品の前で案内をする河口さん作品の前で案内をする河口さん

 

会場入口で来場者を迎える宮地さん、角川さんwidth=会場入口で来場者を迎える宮地さん、角川さん
廃屋の庭を彩るかざぐるま(作品NO14)廃屋の庭を彩るかざぐるま(作品NO14)

 

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.