文字サイズ

2020年11月13日更新:新型コロナウイルス感染の心配があるときの相談方法が変わりました

学生のみなさんへ

公立鳥取環境大学 学長 江﨑信芳


これまで、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合は、医療機関を受診する前に、発熱・帰国者・接触者相談センターに相談することになっていましたが、2020年11月1日以降は、「発熱等の症状がある場合は、まずは事前にかかりつけ医(自宅近くの診療所や病院)に連絡」する方式に変更されました。

発熱等の症状がある場合
まずは事前にかかりつけ医に相談
受診の際は、事前に受診方法等を確認しましょう。
医療機関によっては、感染防止対策として発熱患者を特定の時間帯や別の場所で診療するところもあります。事前に受診時の注意事項を確認してから受診しましょう。
かかりつけ医がいないなど相談先に迷う場合
「受診相談センター」へ
かかりつけ医がいないなど相談先に迷う場合は、「受診相談センター」に相談してください。
近くの医療機関や受診の方法などを案内します。
  • 受付時間等 9時~17時15分
    ※土日祝日含む、年末年始(12月29日~1月3日)を除く
  • 連絡先
    電話:0120-567(コロナ)492(至急に)
    ※上記以外の時間(東部)0857-22-8111
    FAX:0857-50-1033
陽性者との接触歴や接触した可能性があるなど心配な場合
保健所(接触者等相談センター)へ
  • 受付時間等 8時30分~17時15分(平日のみ)
  • 連絡先(東部)電話:0857-22-5625
健康のことで困ったことがあれば、学内の保健室に相談してください。