文字サイズ

2020年8月20日更新:2020年度後期授業の実施方針について

学生のみなさん

公立鳥取環境大学 学長 江﨑信芳

5月11日の授業開始以降、学生のみなさんには、遠隔授業など授業形態の多様化や、これまでとは全く違う学生生活を送ることになり、様々な不便をかけてしまったことと思います。

新型コロナウイルス感染症については完全な収束が見通せないため、感染リスクを可能な限り低減しつつ大学運営を行うことが求められています。

本学においては、緊急事態宣言解除後は6月15日から、新型コロナウイルス感染症対策に十分配慮した上で、対面授業を徐々に増やしているところです。

最近、鳥取県東部において感染者が多数発生していないこと、また学生の距離を確保してすべての講義を対面で行うことが可能なことなどにより、9月23日から始まる後期ガイダンス、同28日から始まる後期授業は、引き続き感染症対策を行いつつ、「対面授業を標準」とします。

時間割、講義室等詳細については後期ガイダンス時にお知らせします。

なお、今後の新型コロナウイルスの感染状況によっては、「遠隔授業を標準」に変更することもあることを御承知ください。