文字サイズ

2020年1月14日更新:1月18日(月)から対面授業につきまして

学生のみなさん

公立鳥取環境大学 学長

全国的に新型コロナウイルス感染者が増加し、11の都府県に緊急事態宣言が出されました。
鳥取市においても1月6日から警報が出されており、感染リスクが依然として高い状況です。

ついては1月18日(月)から対面授業を予定していましたが、引き続き、オンライン授業を標準として行うこととします。

具体的な授業実施については、教員の指示に従ってください。

なお、通信環境がよくない学生のために講義室を開放します。
また、情報メディアセンター(図書館)利用、卒論、大学院の研究、各種事務手続き等で必要な場合は、感染拡大防止に最大限留意しつつ入構することができます。

具体的には次のとおりです。

自宅でweb接続が困難でオンライン授業を受講できない場合
以下のとおり学内で受講できる場所を提供します。
【場所】
15、27、29講義室、情報メディアセンター
【時間】
8:30~17:50(センターは8:50~18:00)(平日)
【その他】
  • 講義室等を利用する際は、必ず入口でカードリーダーに学生証をかざしてください。
  • 昼食は、講義室内での飲食を認めます。メディアセンターの閲覧室 内では飲食ができませんが、ギャラリー及びゼミ室での飲食を認めます。
    (12時~13時のみ、終了後に各自で片づけ)
  • 情報メディアセンターは上記の時間に開館して業務を行います。
    他の人の迷惑にならないようにマイクでの会話を伴う同時双方向の授業では利用しないでください。
卒論及び大学院の研究で必要な場合
事前にチューターに具体的な日時を報告してください。
諸事情により対面授業が行われる場合
教員の指示に従ってください。
各種事務手続き、就職支援等で必要な場合
学務課は利用可能です(9:00~17:00(平日))。
サークル活動で必要な場合
サークル活動を原則禁止します。やむを得ず活動したい場合は大学の許可を得てください。
(手続き等はクラブ会経由で各サークルに連絡があります)