事業責任者あいさつ

吉永郁生 教授

[ Profile ]

京都大学卒業、同大学大学院農学研究科博士後期課程水産学専攻を経て、1990年5月京都大学農学部助手に就任。1991年5月京都大学農学博士学位取得。1996年9月から1997年7月まで、文部省在外研究員としてアメリカ合衆国オレゴン州立大学に留学。帰国後、京都大学大学院農学研究科助教を経て、2013年4月鳥取環境大学環境学部教授、2016年4月公立鳥取環境大学地域イノベーション研究センター長に就任。

 

 

個々の地域には固有の自然や歴史,そしてそれらを基とした伝統や文化,産業,人の暮らし(社会)があります。それらはその地域の“場所”に伴うものであり,したがって唯一無二のものといえます。鳥取には鳥取固有の地理的条件があり,人々はこの地で暮らすための様々な知恵を発達させてきました。その知恵も時代や技術の進歩などと共に変化せざるを得ません。この「場所に結びつき変化する様々な知恵」を“在来知”と定義し,大学のもつアカデミックな知(専門知)からみた鳥取県,特に東部地域(麒麟獅子を伝統として残す麒麟地域)の“在来知”を,大学教育の教材とするのがこのCOC事業です。日本,いや世界各地から鳥取のこの地に集い,学んでいる本学の学生たちは,この地の在来知,つまり“麒麟の知”を深く学ぶことになります。この学びには地域社会との連携が欠かせません。そしてこのカリキュラムを経て,鳥取に愛着を持ち,鳥取の地を人生の舞台として考えてくれる学生が一人でも多く出てくれれば,鳥取県の活性化にもつながるのではと考えています。

COCコーディネーターあいさつ

特命教員(COCコーディネーター) 太田太郎 特命准教授

[ Profile ]

京都大学大学院修了(農学博士)。日本学術振興会特別研究員を経て、鳥取県に入職。水産試験場主任研究員、水産課係長を経て、2016年4月公立鳥取環境大学地域イノベーション研究センター特命准教授に就任。専門は魚類生態学、水産資源生物学、漁業制度及び漁業法令、地域連携。

 

 

鳥取県は小さな県ですが、豊かな自然環境の存在、さらに、これを資源とした活用した社会と文化の存在が、地域の魅力となっています。人口減少が進む我が国において、鳥取県の存在感をより高めるためには、鳥取を魅力ある「地」としてさらに磨き上げなければなりません。地域の魅力の再発掘、そして、生き残るために必要な諸課題の解決策の提案を、大学の教育、研究活動を通じて積極的に推進していきたいと考えています。
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.