吉林省青少年交流事業訪問団と交流しました

吉林省青少年交流事業訪問団と交流しました

このページをプリントする
最終更新日:2016-09-01

平成28年8月18日(木)、「吉林省青少年交流事業」訪問団10名が本学を訪れました。本事業は、吉林大学の大学生等を鳥取県が招聘し、県内の視察や文化体験、県内大学生との交流などを通じて鳥取県に対する理解を深め、両省県の友好交流を深めてもらうことを目的とする交流事業です。
吉林大学一行は本学に到着して河原副理事長を表敬訪問した後、学内施設を見学しました。学内案内の途中には、環境に配慮した施設や設備等についての説明を聞き、とても興味を持って、いろいろ質問をしていました。
その後、吉林大学の学生は浴衣に着替え、本学の茶道部の先生および学生による日本の伝統文化茶道を体験していただき、中国とは違うお茶の文化を体験することができました。 また、英語村でのランチでは、吉林大学生と本学の学生6名及び茶道部学生3名、茶道先生2名と楽しくお話をしながら食事をしました。ランチの後には本学の学生と吉林大学の学生がそれぞれ互いの文化の違いなどについてプレゼンテーションを行い、お互いに理解を深めました。最後に吉林大学生が傘踊りを披露していただき、両大学の学生にとっても有意義な交流の時間を過ごせました。

 

河原副理事長への表敬の様子河原副理事長への表敬の様子
学内見学の様子学内見学の様子

 

茶道体験の様子茶道体験の様子
プレゼンテーションの様子プレゼンテーションの様子

 

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.