写真展と講演会「環境大生と観る 鳥取のかたち 日本のこころ」開催

写真展と講演会「環境大生と観る 鳥取のかたち 日本のこころ」開催

このページをプリントする
最終更新日:2009-02-25

平成21年2月16日 本学澤良雄特任教授が、学生とともに鳥取県内の貴重な歴史的建築物を研究・撮影した「環境大生と観る 鳥取のかたち 日本のこころ」写真展が、鳥取建築士会・鳥取県建築士会東部支部の主催により、とりぎん文化会館フリースペースにて開幕しました。また最終日の20日には、同教授による講演会が開催され、鳥取県内の建築物をプロジェクターで映しながら、構造や歴史について説明。建物の外観や部屋の内部、庭の石や木にいたるまで、歴史的建造物がどのようなこころで空間作られ、建築されているかを解説。「鳥取の建築を勉強すれば世界に通じる」と発信し、参加した約60人の方々は価値ある地元鳥取の日本建築と、そのこころの話に熱心に耳を傾けておられました。

写真展と講演会「環境大生と観る 鳥取のかたち 日本のこころ」開催

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.