田中勝教授 編著書紹介 -平成19年度廃棄物学会賞 著作賞受賞-

田中勝教授 編著書紹介 -平成19年度廃棄物学会賞 著作賞受賞-

このページをプリントする
最終更新日:2008-09-22

平成20年9月22日 平成19年度廃棄物学会賞著作賞に選ばれた『循環型社会評価手法の基礎知識』(田中勝編著/村藤利彦・角田好忠・石坂薫著 技報堂出版 2007年3月)を紹介します。
この著作賞は、廃棄物学会が「廃棄物学に関する著作の発表により、当該学術の進歩、事業の発展に顕著な功績があった」学会員に対し功績を顕彰するもので、2008年6月に表彰式が行われました。
著書では、3R(Reduce, Reuse, Recycle)と廃棄物の適正処理によって循環型社会を形成するための評価・解析手法の基礎について解説されています。社会の物質の流れから、各種環境影響の科学的な解析評価手法、および環境マネジメントに関する基礎を習得することを目的としており、演習問題も充実しています。
田中教授は、受賞の喜びとともに、2009年に開設される本学環境マネジメント学科の循環型社会構築コースでは、学生らに徹底的にこの内容を学ばせ、廃棄物分野で活躍できる人材を社会に送りたいと意気込みを語っています。

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.