兵庫県私学社会科研究会の研修が行われました

兵庫県私学社会科研究会の研修が行われました

このページをプリントする
最終更新日:2008-08-19

平成20年8月18日 兵庫県内の私立中学・高等学校社会科担当教員を集めた研修会が、本学及び鳥取砂丘で開催されました。
今年は北海道洞爺湖にて環境サミットが開催されるなど、環境に対する意識が高まっており、日本の中学校・高等学校の公民科目や総合学習においても、「環境学習」が積極的に取り組まれています。この度、その研鑽の機会として、本学の環境施設の見学や鳥取砂丘を主とした環境研修が実施されました。 神近副学長による「鳥取砂丘と市民の関わり」の講義の後、環境に配慮した本学キャンパスを視察。午後からは、鳥取大学乾燥地研究センターにおいて研究員から説明を受け、その後、鳥取砂丘を目の前に副学長が砂丘の現状について解説しました。
参加された教員のみなさんは、本学の環境施設や鳥取砂丘の見学等を通して、環境問題が抱える裾野の広さや環境の大切さを再認識されました。

兵庫県私学社会科研究会研修

  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.