アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

このページをプリントする
本学の入試に関する基本理念についてご紹介します。

本学は「人と社会と自然との共生」の実現に貢献する有為な人材の育成と創造的な学術研究を行うことを基本理念とします。
この理念の下に、各学部の入学者受入方針を以下のように定め、学習意欲の高い学生のみなさんの入学を募っています。

 

 

環境学部

  • 教育理念

  • 持続可能な社会づくりのための具体的な提案・実践ができる人材の育成を目指します。環境問題を地域と関わりながら取り組む授業やグローバルな視点を養う教育を通して、基礎的な思考力・行動力や高い教養、専門的な知識と応用力を養成します。

  • 求める人物像

  • 環境問題に地域と関わりながら取り組み、グローバルな視点にも興味を持ち、専門的な知識と思考力・行動力を身につけて、社会のさまざまな分野で環境問題の解決に寄与したいと考えている人物を求めます。

  • 入学に当たり身につけておくべき教科等

  • 環境問題等に取り組むには、幅広い知識や論理的思考能力が求められます。本学部では主に自然科学的視点から環境を学ぶために、自然科学の基礎、すなわち、高等学校等における基礎学力、特に語学、数学、理科の基礎を習得していることが大切です。

経営学部

  • 教育理念

    持続可能な社会や経済のあり方を考える姿勢を持ち、経営のさまざまな課題の解決や業務の運営について具体的に企画・実行できる人材の育成を図ります。特に、地域経済の担い手として、地域産業の発展や地域課題の解決に寄与できる能力育成を重視します。

  • 求める人物像

    経営に関する専門的な知識・スキルと思考力・行動力を身につけ、企業・行政・団体などのマネジメントを担おうとする意欲ある人物を求めます。

  • 入学に当たり身につけておくべき教科等

    企業や地域での経営、経済、国際ビジネスへの取り組み、IT技術を生かした活動を実践するためには、高等学校等で国語、英語、数学等の基礎学力を十分身につける必要があります。また、歴史や経済等の関連科目を習得していることが大切です。

Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.