学生相談、健康管理

学生相談、健康管理

このページをプリントする
本学学生が心身の不調を感じた時に利用できる保健室と、全学生が加入する各種保険に関するご案内です。

保健室

大学生活では、各人の履修状況によって毎日の生活時間が違います。この生活環境の変化により生活リズムが不規則になりがちです。心身に不調を感じたり、講義中に気分が悪くなったり、ケガをした場合にも、すぐに適切な処置が受けられるよう、キャンパス内の保健室に保健師が常駐しています。
保健室では、皆さんが学生生活を有意義に送るため、自分の健康について自主的に考え、行動するためのサポートをします。

保健室の主な業務

  • ケガや病気の応急処置
  • 医療機関の紹介(本学指定または本学周辺の医療機関)
  • 健康相談
  • カウンセリング
  • 学校医による月2回(メンタルヘルス、一般)の健康相談
  • 定期健康診断の結果票の郵送
  • 定期健康診断の結果に基づく保険指導
  • 就職・進学等に必要な健康診断書についての助言及びクリニックの紹介
  • その他、学生生活を送るうえでの心配事について相談
    ※相談内容については、秘密を厳守します

こころの相談室

こころの相談室では、学生を対象に心理的な支援を行っています。相談は心の専門家の臨床心理士が担当します。相談内容については、秘密を厳守いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。(PDF:434KB)

ハラスメント等 人権侵害の防止に対する取り組み

〜ハラスメントのない環境へ〜

公立鳥取環境大学では、ハラスメント等の人権侵害の防止及び人権侵害に起因する問題が生じた場合に適切に対応するための措置並びに人権意識向上のための取り組みを行っており、学生及び教職員等の修学上又は就労上における健全で快適な環境を確保します。

詳しくはこちらをご覧ください

各種保険について

みなさんが安心して学内の活動や学外の教育活動を行うことができるよう(財)日本国際教育支援協会が運営する「学生教育研究災害傷害保険」と「学生教育研究賠償責任保険」に、全学生が一括加入しています。保険期間は学部生は4年間、院生は2年間です。それを越えて在学する場合は、再加入手続きが必要です。病気は、この保険の対象になりません。

保険の内容

1. 学生教育研究災害傷害保険

教育研究活動中に被った災害に対して担保します。

保険金が支払われる場合
  • 正課中
    講義、実験、実習、演習又は実技による授業を受けている間。ただし、もっぱら被保険者の私的活動にかかる場所においてこれらに従事している場合は除く。
  • 学校行事中
    入学式、卒業式、オリエンテーション、大学祭等教育活動の一環としての各種学校行事に参加している間。
  • 大学施設内にいる間
    上記以外で大学が教育活動のために所有、使用または管理している施設内にいる間。
    ただし、大学が禁じた時間もしくは場所にいる間または大学が禁じた行為を行っている間を除く。
  • 課外活動中
    大学の規則に沿った所定の手続きにより、大学が認めた学内学生団体の管理下で行う文化活動または体育活動を行っている間。なお、学校施設外での課外教育活動の負傷については、「学生団体学外活動届」等が提出されていることが対象。
  • 通学中または学校施設等相互間移動中
    大学の授業等、学校行事または課外活動への参加の目的をもって、合理的な経路及び方法(大学が禁じた方法を除く)により、住居と学校施設等との間を往復する間または学校施設等相互間を移動している間。

 

保険金が支払われない場合

故意、自殺、犯罪行為、疾病、地震等の天災、戦争、暴動、無資格運転、酒酔い運転、施設外課外活動で危険なスポーツを行っている間、届け出た通学経路を逸脱又は中断した場合等

 

区分○正課中
○学校行事中
○大学施設内
○課外活動中
○通学、学校施設相互間移動中
死亡保険金 2,000万円 1,000万円 1,000万円
後遺障害保険金 90万円~3,000万円 45万円~1,500万円 45万円~1,500万円
医療保険金 治療日数1日以上で
治療日数に応じて
3,000円~30万円
治療日数14日以上で
治療日数に応じて
3万円~30万円
治療日数 4日以上で
治療日数に応じて
6,000円~30万円
入院加算金 1日につき4,000円 1日につき4,000円 1日につき4,000円

 

 

2. 学生教育研究賠償責任保険

他人にケガを負わせたり、他人の財物を損壊した場合の賠償を担保します

 

保険金が支払われる場合

正課中、学校行事中、課外活動として行われるインターンシップ・介護体験活動・教育実習・保育実習・ボランティア活動および前期活動を行うための通学途上往復で、他人にケガをさせたり、他人の財物を損壊したことにより被る法律上の損害賠償を補償。

保険金が支払われない場合
  • 上記補償対象範囲外の課外活動(クラブ活動)中の賠償事故
  • 正課中および学校行事中以外で学内施設にいる間の賠償事故

 

保険金の種類と金額
補償内容 保険金限度額
対人賠償 1事故 1億円限度(免責金額0円)
対物賠償

保険金請求の流れ

  1. 万一事故にあった場合は、直ちに学務課へ事故の報告をしてください。
  2. 事故発生から30日以内に必ず事故通知はがき(学務課備え付け)を所定の保険会社に郵送してください。事故通知をしない場合は保険金が支払われないことがあります。
  3. 保険金請求書と治療状況報告書を記入し、領収書等医師の治療を証明できるものを添付して保険会社に保険金を請求します。
  4. 保険会社より保険金が請求者の指定した口座に振り込まれます。
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.