浅川教授の講演「寅さんの風景」(河原町40周年文化祭)のお知らせ

浅川教授の講演「寅さんの風景」(河原町40周年文化祭)のお知らせ

このページをプリントする
鳥取市(旧八頭郡)河原町出身の浅川滋男教授(本学環境学部)が同町40周年文化祭で「寅さんの風景-千代河原と上方往来河原宿の遷ろい-」と題する講演をおこないます。河原(かわばら)は参勤交代の御茶屋(休憩処)として出発し、近代以降は「鮎の町」として賑わってきました。そんな風情に目をつけた山田洋次監督は人気映画シリーズ「男はつらいよ」の第44作「寅次郎の告白」(1991)の主要な舞台として河原を抜擢します。その映像を余すことなく分析した浅川教授は「風景」という視点から寅さん映画とその時代を捉え直し、自らの幼少期をも回顧していくのですが、それはまた故郷の風景の解体を目の当たりにすることでもありました・・・

第40回河原町文化祭記念講演会「寅さんの風景-千代河原と上方往来河原宿の遷ろい-」

(入場料無料)

日程

平成29年10月28日(土) 13:30~15:15

会場

河原町コミュニティセンター(旧中央公民館)大講堂
〒680-1221 鳥取県鳥取市河原町渡一木277 TEL: 0858-76-3123

概要

テキヤの寅さんを主役とする「男はつらいよ」48作は世界最長の映画シリーズとしてギネス認定され、今もテレビ放映が続いています。晩年の一作「寅次郎の告白」(1991)は鳥取を舞台とした名作です。家出したいずみちゃん(後藤久美子)を探しに鳥取にやってくる満男(吉岡秀隆)、しゃんしゃん祭りでバイをする寅(渥美清)と料亭女将(吉田日出子)の恋の再燃などを、倉吉・砂丘・河原・千代川・若桜鉄道などの美しい風景映像を背景に描いています。本講演では、その「風景」に注目し、学生たちを動員したロケ地再現撮影などを通して「故郷の風景」の変化と不変について考察していきます。風景という側面から寅さん映画の核心に迫ろうとする独創的な講演にご期待ください。

主催・お問い合わせ先

河原町文化祭実行委員会
(鳥取市教育委員会河原町分室内 TEL:0858-76-3122)

関連リンク先(浅川研究室ブログ)

プロジェクト研究「男はつらいよ-寅さんの風景」の開始
男はつらいよ「寅次郎の告白」ロケ地を訪ねて
寅さんの風景(10)ロケ地撮影カチンコ勝負!
寅さんの風景(11)続・ロケ地撮影カチンコ勝負!
プロジェクト研究「男はつらいよ-寅さんの風景」発表会

 

イベントの詳細はチラシを参照してください。

 

 

※画像をクリックするとチラシをダウンロードできます。

チラシ記念講演会チラシ
(PDF:185KB)
  • 資料請求はこちら
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.