環境経営研究科の概要

このページをプリントする

「経営」視点をもった環境学、「環境」を意識した経営学がいま求められています

「人と社会と自然との共生」に基づく持続可能な社会の実現は人類共通の願いです。公立鳥取環境大学大学院環境経営研究科では、主として自然科学を軸とする「環境学専攻」と、社会科学に軸をおく「経営学専攻」、そして研究科共通の「環境経営科目群」を設置しています。学部での環境、経営に関する基礎的知識をもとに、より専門性の高い知識、思考力、実践力の獲得を目指しつつ、環境を切り口に自然科学と社会科学が融合した基礎学を修得して、「人と社会と自然との共生」、「持続可能な社会」の構築に向けた、実現可能な提案や、その提案に基づいた実践的行動ができる高度専門職業人を育成したいと考えています。
環境学専攻では、「環境経営科目群」に加えて、「自然環境科目群」「資源循環科目群」「人間環境科目群」の3つの科目群を置き、個別領域の知識に長けた高度専門職業人を育成しながら、視野の広い専門人を養成します。
経営学専攻では「環境経営科目群」に加えて、「企業経営科目群」「地域経営科目群」「経営情報科目群」の3つの科目群を置き、科目間の連携もはかりつつ、個別領域の高度専門職業人を養成します。

 

概念図

 

ディプロマポリシー

修士(環境学)学位あるいは修士(経営学)は、環境問題や地域問題に自然科学的視点及び社会科学的視点の双方から積極的・中心的に対応できる能力を身につけた者に授与されます。
学位授与のためには、本大学院の定める期間在学し、所定年限内に所定の授業科目を履修して単位を取得するとともに、修士論文の審査に合格し、課程を修了することが必要です。
修了生は、高度専門職業人として、「人と社会と自然との共生」に基づく持続的社会の実現に貢献することが期待されます。

 

学位

環境経営研究科 環境学専攻 修士(環境学)
  経営学専攻 修士(経営学)

カリキュラムポリシー

持続可能な社会の構築に向け、環境学や経営学の知見を踏まえて、環境問題や地域問題等々、社会が抱える諸問題を考察し、諸課題の解決に積極的・中心的に寄与できる人材を養成します。そのために、環境学および経営学の両面からアプローチする、高度な教育研究を行います。

 

アドミッションポリシー

環境問題や地域問題等々に強い関心を有している者で、持続可能な社会の実現に向けて提案・行動する意欲のある人材を求めます。

Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.