経営学部経営学科の概要についてご紹介します。

学部長メッセージ

環境と社会、2つの側面から学べるのが“公立鳥取環境大学の経営学部”です。
国際舞台で活躍できる人材を目指しましょう。

公立鳥取環境大学の経営学部は経営学部として当然教えるべきオーソドックスなカリキュラムを踏まえた上で、"環境"という個性・特色を生かし、地域と世界をつなぐことのできる人材を育成していくことを目指します。すなわち、観光や農業などの地域の資源と環境を活かしながら、地域振興や地域連携による活性化や特有ビジネスを考察すること、国際舞台、特に北東アジアで活躍できる人材を育成することに力点を置いていることなどが挙げられます。
環境問題には、自然環境と社会環境の2つの側面があります。本質的に環境問題を理解しようとすると、自然環境という、どちらかと言えば理系の側面からのアプローチだけではなく、社会面からのアプローチも必要です。ここに"公立鳥取環境大学の経営学部"という価値が生まれてくるのです。

環境学部長



経営学部長 冨岡庄一 教授

[ Profile ]
北海道大学大学院経済学研究科修士課程修了。博士(経済学)(北海道大学)。神戸市外国語大学助教授、広島大学総合科学部教授を経て、2001年4月広島大学経済学部教授に就任。同大学経済学部長、同大学大学院社会科学研究科長を歴任し、2012年4月より鳥取環境大学経営学部長に就任。専門はロシア経済史・経営史。

教育方針

  • 教育研究上の目的

    「自然環境と共生する社会の構築に貢献できる人材の育成」を目指し、社会において持続可能な経営のあり方を考え、様々な課題や業務等について具体的に企画・実行できる幅広い知見と実践力を持つ人材を育成します。特に、地域の担い手として、地域産業の発展や地域社会の課題解決に寄与できる人材、北東アジア交易で活躍できる人材を育成します。

  • アドミッションポリシー(入学者の受け入れの方針)

    公立鳥取環境大学経営学部では、持続可能な社会や経済のあり方を考える姿勢を持ち、経営のさまざまな課題の解決や業務の運営について具体的に企画・実行できる人材の育成を図ります。特に、地域経済の担い手として、地域産業の発展や地域課題の解決に寄与できる能力育成を重視します。経営に関する専門的な知識・スキルと思考力・行動力を身につけ、企業・行政・団体などのマネジメントを担おうとする意欲ある人物を求めます。

    企業や地域での経営、経済、国際ビジネスへの取り組み、IT技術を生かした活動を実践するためには、高等学校等で国語、英語、数学等の基礎学力を十分身につける必要があります。また、歴史や経済等の関連科目を習得していることが大切です。

  • カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

    経営学には、組織体あるいは社会システム一般を対象とする広義の経営学と株式会社を中心とする企業、行政機関および非営利組織(NPO等)などを主な対象とする狭義の経営学があります。公立鳥取環境大学経営学部では、企業経営を主体とした教育を基本とし、「持続可能な社会や経済のあり方を考える姿勢を持ち、経営のさまざまな課題の解決や業務の運営について、具体的に企画・実行できる人材の育成」という教育目標を実現するため、授業科目を人間形成科目と専門科目の科目群に分類し、より効果が上がる教育課程として系統的に編成しています。

    人間形成科目は、総合教育科目、環境マインド養成科目、外国語科目、情報処理科目、キャリアデザイン科目および総合演習科目から構成されています。これらの科目は全学共通の科目群であり、専門性にとらわれない幅広い知識と基礎学力を養成します。

    専門科目は、学部基礎科目と企業経営、地域経営、国際経営、経営情報の4つのプログラム科目および演習科目の科目群から構成されています。経営学について幅広く学びながら、未来の産業社会の動向を見すえた経営のあり方、地域産業の発展、地域が持つ課題の解決方法等を具体的に考えます。そのため、自然環境と共生する社会の構築に貢献できる人材、一般的な企業分野のみならず観光・農業・NPO等の分野、さらに北東アジアや環日本海圏で活躍できる人材を育成する科目編成としています。

  • ディプロマポリシー(学位授与の方針)

    公立鳥取環境大学経営学部では、企業経営を主体とした教育を基本とし、経営のさまざまな課題解決や業務運営につき具体的に企画・実行できる人材、並びに地域振興や北東アジア交易の場で活躍できる人材の育成を目的としています。

    学位は、本学の定める期間在学し、所定年限内に所定の授業科目を履修して単位を取得するとともに、卒業研究(プロジェクト研究7)の審査に合格し、課程を修了した者に授与します。学位授与にあたっては、未来の産業社会の動向を見据えた経営のあり方や地域産業の発展、地域が持つ課題の解決方法等が構想できることを到達点の目安とします。

    学位取得者には、持続可能な社会や経済のあり方を考える姿勢を持ち、経営のさまざまな課題の解決や業務の運営について、具体的に企画・実行ができる人材として企業・行政機関等で活躍すること、特に、地域経済の担い手として、地域産業の発展や地域課題の解決に寄与することを期待します。

経営学部の学びの特徴

  • 経営の基礎を身につけた即戦力人材を育成

    企業の経営人材を育成

    企業の競争力強化や高付加価値化など、経営マネジメント能力を有する人材の育成に取り組みます。

    経営基礎力の徹底

    経営学全般の基礎をしっかりと修復し、企業経営に直接活かすことのできる実学を学びます。

  • 海外で活躍できる人材の育成

    北東アジアとの交流

    中国、韓国および極東ロシアとの経済交流や企業間連携を促進するための現状と課題を理解し、実務に活用できる力を身につけます。

    国際ビジネスの促進

    北東アジア諸国の企業等との交渉で対等な力を発揮し、安全かつ効率的にビジネスを行うための実務的な学習を行います。

  • 地域経営の担い手を養成

    鳥取独自の地域振興

    地域資源を活かし、基幹産業である農業、観光などをビジネスや地域活性化につなげるための方策を考察します。

    地域連携の展開

    地域との関わりを学び、身近な地域の活性化や新たな地域特有ビジネスの具現化をできる人材の育成に取り組みます。

  • 経営に活用できる情報技術の習得

    情報技術の活用

    情報技術を企業経営に活かすことに重点を置き、情報企画やシステム運用などに応用できる高度な実践能力を身につけます。

Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.