文字サイズ

新型コロナウィルス感染症への対応について

2020年4月16日更新:前期ガイダンスのスケジュール及び授業開始日の変更等について

4月20日(月)から前期ガイダンス等が始まります。新型コロナウイルス感染症対策として大学から皆さんへお伝えしたいことは次のとおりですので、内容を御確認ください。

前期ガイダンスのスケジュール及び授業開始日の変更
  1. 前期ガイダンスについて
  2. スケジュールは以下のリンク先を御覧ください。
    2020年4月16日更新:2020(令和2)年度ガイダンス及びフレッシャーズセミナー日程について
    バスは混雑が予想されるため、可能な限り徒歩あるいは自転車を使って通学をお願いします。
    なお、チューターとの連絡に応答がない学生は、体調、渡航歴等の確認ができないため、別室でガイダンスを受けていただく場合があるので御了解ください。
  3. 授業開始日について
  4. 授業は、日本国内での感染拡大状況を踏まえ、学生の皆さんの感染防止を最優先して授業を進めるため、5月11日(月)から開始する予定です。

感染が拡大しないように気をつけること
新型コロナウイルスは、感染者の飛沫(くしゃみ、咳など)を吸い込むあるいは飛沫に接触することによって感染が拡大すると考えられています。また無症状感染者も一定程度報告されており、知らず知らずのうちに感染を広げてしまうという危険性もあります。
このような状況も踏まえ、学内では感染症対策として次の行動をとってください。
・マスクを着用し、手洗い、うがい、部屋の換気を行い、近距離での会話を控える。
なおマスクが入手できない場合は、「ティッシュ・ハンカチなどで口や鼻を覆う」、「上着の内側や袖で覆う」等の咳エチケットを守ってください。
・廊下では次のことを守ってください。
・近距離での会話をしない。
・立ち止まらずに、距離をとって移動する。
・メディアセンターにあるギャラリーベンチは間隔をあけて着席する。
・売店での会計待ちのときは、距離をあけて待機する。
・飲み会、コンパ等のイベントを中止してください。また出席しないでください。
(他の大学でこれらを通じた新型コロナウイルスの感染拡大が報告されています。)

言動で気をつけること
ある特定地域からの出身者に対して、何気ない会話であたかも感染者のような扱いをする言動は、軽い気持ち又は冗談のつもりであっても、相手を傷つけ、ハラスメント行為となる場合があります。
自分自身の言動について十分に注意し、本学の学生として相応しい行動を取ることを改めてお願いします。

新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、今後対応が変わる可能性があります。
大学からの情報はHPやチューター等を通じてお知らせするので常に確認してください。