学生交流イベント、第2回鳥取・島根高等教育フォーラムの参加について

このページをプリントする

平成26年3月4日(火)、5(水)に大学間連携事業の一環による学生交流イベントと第2回鳥取・島根高等教育フォーラムが実施されました。学生交流イベントでは、島根大学、島根県立大学、島根県立大学短期大学部、鳥取短期大学と本学学生の秋田真里さん、鴻池翔太さん、富澤亮太さん、丸山望さん(所属:環境学部環境学科2年生)、榎本はるかさん(所属:環境学部環境学科1年生)、黒川真結さん、西垣祐美さん、深水亮多さん(所属:経営学部経営学科2年生)を含む36人が参加しました。

3月4日(火)の学生イベントでは、各大学の参加者を学校や学年の異なる人員で班編成を行い、鳥取県境港市にある水木しげるロードを散策しました。その後、水木しげるロードをはじめとする振興にご尽力のある境港市観光協会会長 桝田知身氏の講演を拝聴しました。夜は出雲市にある島根県立青少年の家サン・レイクへ宿泊し、他大学間での交流を深めました。

3月5日(水)では、松江市にある松江テルサを会場に、第2回鳥取・島根高等教育フォーラムが行われ、第1部では本学の経営学部経営学科 磯野誠准教授が連携校の取り組みとして報告を行いました。第2部では筑波大学大学研究センター長 吉武博通氏の基調講演を拝聴しました。第3部では学生たちが会場内のアトリウムシャラにてポスター成果発表を行いました。 参加学生たちは、以下の感想を寄せています。

 

【参加者感想(抜粋)】

今回のような他大学の学生と交流を持ったことが無かったのでとても新鮮で貴重な2日間を過ごすことができたと思う。他の大学の生徒と交流を持つことによって今まで狭かった自分の中の世界が広がった気がする。ポスターセッションでは、他大学がどのような研究を行っているのかを知ることができる貴重な機会であり、ポスター発表は初めてだったためとても緊張した。学内でする発表とは違い、他大学の生徒や教授が質問してくる中での発表はとても緊張したが説明できたときはとても形容しがたい達成感を得ることができた。説明をしているときに上手く自分が伝えたいことを伝えることができずもどかしい思いもしたが、とても貴重な経験をすることができたと思う。今後も今回のようなソーシャルラーニングで他大学との交流の機会があったら参加したいと思うし、他の人にもぜひ参加してほしいと思う。

 

突然集められたメンバーとどのように生活するのか、突然言われた指示にどのように対応するのかなどが重要でした。他大学の学生は本当に積極的で、リーダーの役割を率先してやってくれました。初対面の人だらけのグループをまとめることは大変なことだと思います。しかし社会にでればこれが普通なんだと気づかされました。一方ポスター発表では、私たちが研究したテーマに多くの人が興味をもってくださり、質問やアドバイスをしていただけたので嬉しかったです。発表を聞きにきていた方が、今回私たちが調べたテーマを先に研究していて、今年の春には提案を実行しようとしていると言っておられました。調査を発表して終わりではなく、提案を実行に移すことも可能だということを教わりました。そのためにはやっぱり自分から積極的に動くことが大切だと思います。今回参加してみて、自分がやりたいことの視野が広がったのでよかったです。

 

どこの大学の学生もとても積極的に活動していて、研修に関する意見交換などを行い、とても刺激的な時間でした。ポスター発表では、発表者と聴講者の距離が非常に近くとても緊張しましたがその分、発表後に発表だけにとどまらず多くのお話をすることができました。自分たちの研究についてアドバイスや感想、修正点など多くの意見を聞くことができ、これからの研究の継続や発展に繋げたいと思います。

 

 

【参加の様子】

 <学生イベント:水木しげるロード散策>      <学生イベント:境港市観光協会会長 桝田知身氏の講演>

1日目散策 106IMG  0464                1日目桝田氏講演 106IMG  0458

 

 

<第2回鳥取・島根高等教育フォーラム 報告>      <第2回鳥取・島根高等教育フォーラム 基調講演>

    (経営学部経営学科准教授 磯野 誠)           (筑波大学大学研究センター長 吉武 博通氏)

2日目報告磯野先生 101 IMGP0010                2日目フォーラム 101 IMGP0024

 

                    <第2回鳥取・島根高等教育フォーラム ポスター成果発表会場>

2日目全体① 106 IMG 0521                    2日目全体② 106 IMG 0536

 

                     <第2回鳥取・島根高等教育フォーラム ポスター成果発表>

  <プロジェクト研究テーマ>                    <プロジェクト研究テーマ>

山陰海岸ジオパーク~吉岡温泉が変化した要因を探る~    鳥取の海を見よう、知ろう、感じよう、そして伝えよう

  (担当教員:新名 阿津子講師)                   (担当教員:吉永 郁生教授)

新名先生 101 IMGP0067                吉永先生 101 IMGP0062

 

  <プロジェクト研究テーマ>

限界集落の住民にとっての買物とは

   ―買物の快楽側面がもたらす心身充実感―

 (担当教員:磯野 誠准教授)

磯野先生 101 IMGP0046

 

大学と地域社会を結ぶ大学間連携ソーシャルラーニング
    Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.