【環大スタディ】環スタレポートvol.4

このページをプリントする
学生スタッフからのメッセージ

カンスタでは、主に勉強を教える立場ですが、自分が学んだことが大きく3つありました。まず、子どもたちがどこで躓いているかを見抜く力です。質問されたときに、何が理解できていなくて問題が解けないのかを把握することが、カンスタに来始めた頃よりできるようになったと感じています。次に、子ども達への接し方も非常に学ぶことが多かったです。環大「スタディ」ですが、勉強以外の目的で訪れる子もいます。加えて、個性もひとりひとりを取り巻く環境も違います。勉強を教えることももちろん大事ですが、それ以上に話に耳を傾け、共感を持って接するよう心掛ける姿勢を大切にするようになりました。そして、同じくカンスタのスタッフとして来ているメンバーの自分とは違う勉強の教え方や子ども達に対する接する様子を間近で見ることで、自分が教える立場としてどうありたいかを深めることができました。子ども達、そしてスタッフと接することのできる期間は残り少ないですが、これからも積極的に参加していきたいです。

(環境学部2014年度生 高藤 祐衣)

 

環大スタディ(通称:カンスタ)では、教職課程を履修している子ども好き、教えることが好き、世話好きな大学生が、中学生や高校生を対象に毎週水曜日、学習支援をしています。塾や家庭教師のアルバイトをしていない私にとって、ここは生徒と触れ合える唯一の貴重な場所です。カンスタに来ている生徒たちは、苦手科目を克服したい、得意科目を伸ばしたい、友達と一緒に勉強したい、宿題がわからない、と目的は一人ひとり違います。そのため、対応は一人ひとり違ってきます。私が気を付けていることは、生徒たちからの声を遮らずにしっかりと最後まで聞くことです。生徒たちからの声をくみ取ることで、何を想い、何を伝えたいのかが伝わってきます。その結果、初めは緊張で遠慮がちだった生徒たちからの質問が増えました。私にとって、生徒と過ごす毎週の90分は、足りないくらいあっという間に過ぎていく大切な時間です。

(環境学部2014年度生 光納 昌吾)

 

カンスタは、私にとって普段なかなか関わる機会のない中高生と一緒に勉強することができる大切な場所であり、教員をめざす上で大変貴重な経験になっています。カンスタには、宿題で分からないところの勉強や、苦手科目克服、試験対策など、様々な動機をもって生徒たちが集まっています。初対面の時は、生徒と学生スタッフが互いに緊張気味ですが、学習を通じて、少しずつ打ち解けていくことができています。私は常に、生徒に笑顔で接するということを意識しています。笑顔で接することで、質問しやすい明るい雰囲気を作り出すことができ、生徒が毎回設定する学習目標に向けて取り組めるのだと思っています。これからも、関わり方や教え方をよりよいものにしていくことで、生徒たちにとってカンスタが笑顔になれる場であり、成長に繋がる場になってほしいと思っています。

(環境学部2014年度生 匠原 興太郎)

Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.