テーマ「わたしたちが望む未来の環境」
第10回TUESCUP
地球環境問題について、高校生の意見を発表してもらうことを目的に、全国高校生環境論文を募集し、北は北海道から南は九州・鹿児島県まで27都道府県、923作品(79校(過去最多応募高校数))の応募をいただきました。厚く御礼申し上げます。
10月12日(土)には、入賞した優秀な論文を発表する論文発表会・表彰式を行い、多数の方が来場し、盛会裡に終了しました。
 
受賞者のみなさん
表彰式(環境大賞)

右:淺野 恵介 さん、中央:井口 稜太 さん
  左:古澤 学長 )
※写真はワンクリックで大きくなります

論文発表会・表彰式

平成25年10月12日(土)17時00分~19時00分(会場:鳥取ワシントンホテルプラザ)

環境大賞、鳥取県知事賞、鳥取市長賞、新日本海新聞社賞、佳作を受賞した7名がそれぞれの作品を発表されました。

  【環境大賞】 養老滝伝説の再現実験により環境資源の保全と利用を考える
岐阜県立大垣養老高等学校 3年生 淺野 恵介 さん、井口 稜太 さん
養老の滝伝説の再現実験を通じて、環境をただ守るだけでは無く、地元の環境資源をアピールすることを提案し、伝説再現プロジェクトが環境資源利用のモデルとなるように活動を継続していきたいと訴えました。

鳥取県知事賞
  【鳥取県知事賞】 自然環境を生かした地域活性化
広島県立加計高等学校 3年生 島津 亮太 さん
広島県山県郡安芸太田町で栽培されているキノコを使ったパウンドケーキを商品化し、活用することにより、安芸太田町地域の魅力づくりを進め、定住促進による過疎化対策につなげたいと主張しました。

鳥取市長賞
  【鳥取市長賞】 富士山は自然遺産として登録されるべきであった
北杜市立甲陵高等学校 2年生 岡 秀一郎 さん
富士山が世界自然遺産ではなく文化遺産に登録されたことを受け、自然遺産として改めて登録できるように行動することが地元住民として富士山へできる最大の愛であると主張しました。

新日本海新聞社賞
  【新日本海新聞社賞】 「環境」という空間
北海道札幌南高等学校 2年生 大野 智絵 さん
「環境」という言葉の意味と、東日本大震災による環境への影響の認識に地域差等があることから、環境問題は、特定のエリア、短い期間しか視野に入れられていないことを考察し、高校生として環境問題の解決のヒントとなること(歴史・地理を学び、現代を知り、社会に興味を持つ)を主張しました。

  【佳作】 100人の1歩で「みんなが集うエコタウン」づくり
静岡県立春野高等学校 3年生 岩本 尚也 さん
静岡県浜松市天竜区春野町の山や森林、そこに住むシカやイノシシなどの動物の活用のため、ペレット工場や動物肉の加工工場を建設することにより、環境問題に対する意識向上や人口減少対策になると訴えました。

佳作
  【佳作】 「もてなしの作法」からつながる省エネ
北海道札幌南高等学校 2年生 安念 リサ さん
身近な「打ち水」が、本来は茶道の三露に利用され、客人を迎える「もてなしの作法」であったことを知り、その「打ち水」を活用することにより、家族や近所の人との交流をすることができ、絆を作れるものだと訴えました。

佳作
  【佳作】 未来を考えるために過去に学ぶ
東京都立つばさ総合高等学校 2年生 松丸 亜香音 さん
水俣病の被害から、未来のために自然環境を改善していくことと、生活のために社会環境を改善していくことは実は同じことであることを知り、高校生は、より深く環境や社会を見る目を養い、語り合い、意見を発表していかなければならいと主張しました。

 

発表に引き続き個人賞7名、学校賞3校へ古澤 学長、鳥取県生活環境部 中山 部長、鳥取市 深澤 副市長、新日本海新聞社 田中 執行役員編集制作局長から、賞状・副賞・記念品が贈られ、講評を頂きました。



各賞一覧

賞名 論文タイトル(作品名) 都道
府県
氏名
(敬称略)
学年 高等学校名
環境大賞 養老滝伝説の再現実験により環境資源の保全と利用を考える 岐阜県 食品科学科
食品化学班
淺野 恵介
井口 稜太
岐阜県立大垣養老高等学校
鳥取県
知事賞
自然環境を生かした地域活性化 広島県 島津 亮太 広島県立加計高等学校
鳥取市長賞 富士山は自然遺産として登録されるべきであった 山梨県 岡 秀一郎 北杜市立甲陵高等学校
新日本海
新聞社賞
「環境」という空間 北海道 大野 智絵 北海道札幌南高等学校
佳作 100人の1歩で「みんなが集うエコタウン」づくり 静岡県 岩本 尚也 静岡県立春野高等学校
佳作 「もてなしの作法」からつながる省エネ 北海道 安念 リサ 北海道札幌南高等学校
佳作 未来を考えるために過去に学ぶ 東京都 松丸 亜香音 東京都立つばさ総合高等学校

 

学校賞関係 高等学校名 都道府県 応募作品数
学校賞 鳥取県立鳥取東高等学校 鳥取県 219
学校賞 北海道札幌南高等学校 北海道 188
学校賞 国立都城工業高等専門学校 宮崎県 159

第10回報告書:テーマ「わたしたちが望む未来の環境」

アイコン

 

第10回報告書(PDFファイル/ 3.33 MB)


アドビ社のHPへ   PDFファイルをご覧いただくには,「Adobe Reader」が必要です。インストールされていない場合はAdobe社のホームページからダウンロードしてご利用ください。
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.