テーマ「自然と社会を考える」
第9回環境論文TUESカップ発表会報告バナー
地球環境問題について、高校生の意見を発表してもらうことを目的に、全国高校生環境論文テーマ「自然と社会を考える」を募集し、北は青森県から南は宮崎県まで1,049件(69校)の応募をいただきました。厚く御礼申し上げます。
10月6日(土)には、優秀論文を発表する論文発表会・表彰式が行われ、多数の方が来場、盛会裏に終了しました。
受賞者のみなさん
(右:飯塚 浩市さん、中央:佐川 貴哉さん 左:古澤学長)
※写真はワンクリックで大きくなります

論文発表会・表彰式

平成24年10月6日(土)17時00分~19時00分(会場:鳥取ワシントンホテルプラザ)

環境大賞、鳥取県知事賞、鳥取市長賞、新日本海新聞社賞、佳作を受賞した7名がそれぞれの作品を発表いたしました。

  環境大賞「日本の酪農家はなぜバイオガスを始めないのか」
茨城県立中央高等学校 2年生 佐川貴哉さん、飯塚浩市さん
家畜の糞尿からメタン菌のはたらきによりバイオガスを発生させ、それをスターリングエンジンの燃料とすることにより、日本の小規模農家へカーボンニュートラルなバイオガス発電の導入を提案しました。

鳥取県知事賞山本 彩少美さん
  鳥取県知事賞「大好きな地元」
京都府立京都すばる高等学校 2年生 山本彩少美さん
「愛のパレード」というゴミ拾い行事(作者は吹奏楽部として演奏等も行う)を通して地域の綺麗さは、地域の人々の絆の強さ、地域の温かさの表れであることを知り、吹奏楽の活動により地域の絆を強くするきっかけを作る事が環境問題への作者の取り組み方であると訴えました。

鳥取市長賞宮島 志歩さん
  鳥取市長賞「今までとこれから~生まれ育った尼崎の環境問題~」
兵庫県立尼崎北高等学校 2年生 宮島志歩さん
尼崎の大気汚染・水質汚濁・森林伐採等の「過去の環境問題」、ホタルの保護活動・森づくり活動等の「現在の環境改善活動」を通じて、そこで得た知識や体験を周りの人へ伝えてゆくことにより「ここ尼崎が自分の故郷だ」と胸を張って言える「未来を作ってゆく」と主張しました。

新日本海新聞社賞 飯沼 奏衣さん
  新日本海新聞社賞「自然からの警告」
国立愛知教育大学附属高等学校 3年生 飯沼奏衣さん
愛知県の岩ヶ池に隣接する「刈谷ハイウェイオアシス」の公園建設による環境破壊を通じて、環境破壊の現場での生き物達の警告のメッセージを受け止めることが地球の自然を守ることにつながると訴えました。

  佳作「古典と現代の比較による望ましい自然との関わり方」
鳥取県立鳥取東高等学校 2年生 髙垣拓未さん
日本三大随筆の一つとされる吉田兼好の『徒然草』を引用しながら、昔と現代の人の生き方を比較することにより、気温の変化や動植物の動きに目を向けてみる等の自然との望ましい関わり方を提案しました。

佳作 林田 明澄さん
  佳作「自然を身近に」
国立大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎 3年生 林田明澄さん
京都府の北東部に広がる低い山並みの一角の「芦生(あしう)の森」の価値を高めるために「ホップ=驚き」「ステップ=楽しさ」「ジャンプ=学習」という提言を行い、どんな人でも、どんな場所でも自分にできることに気付き行動することが重要だと訴えました。

佳作 林田 佳澄さん
  佳作「つなぐ」」
国立大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎 3年生 林田佳澄さん
「芦生の森」のシカ被害について地球温暖化が原因であり、作者自身の日常生活と結び付いている事を理解し、そういった問題を解決するために人と人の「つながり」を大事にし、未来へ美しい自然をつないで行きたいと主張しました。

 

発表に引き続き個人賞7名、学校賞3校に古澤学長、鳥取県生活環境部中山部長、鳥取市深澤副市長より、賞状・副賞・記念品が贈られ、ご講評を頂きました。



各賞一覧

賞名 論文タイトル(作品名) 都道
府県
氏名
(敬称略)
学年 高等学校名
環境大賞 日本の酪農家はなぜバイオガスを始めないのか 茨城県 佐川 貴哉
飯塚 浩市
茨城県立中央高等学校
鳥取県
知事賞
大好きな地元 京都府 山本 彩少美 京都府立京都すばる高等学校
鳥取市長賞 今までとこれから~生まれ育った尼崎の環境問題~ 兵庫県 宮島 志歩 兵庫県立尼崎北高等学校
新日本海
新聞社賞
自然からの警告 愛知県 飯沼 奏衣 国立愛知教育大学附属高等学校
佳作 古典と現代の比較による望ましい自然との関わり方 鳥取県 髙垣 拓未 鳥取県立鳥取東高等学校
佳作 つなぐ 大阪府 林田 佳澄 国立大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎
佳作 自然を身近に 大阪府 林田 明澄 国立大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎

 

学校賞関係 高等学校名 都道府県 応募作品数
学校賞 兵庫県立尼崎北高等学校 兵庫県 240
学校賞 神戸学院大学附属高等学校 兵庫県 212
学校賞 兵庫県立川西明峰高等学校 兵庫県 144

第9回報告書:テーマ「自然と社会を考える」

アイコン

 

第9回報告書(PDFファイル/ 4.38 MB)


アドビ社のHPへ   PDFファイルをご覧いただくには,「Adobe Reader」が必要です。インストールされていない場合は左のバナーをクリックしAdobe社のホームページからダウンロードしてご利用ください。
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.