テーマ「環境問題―わたしのまちから考える―」
第7回TUESCUP

地球環境問題について、高校生の意見を発表してもらうことを目的に、全国高校生環境論文テーマ「環境問題―わたしのまちから考える―」を募集しました。北は北海道から南は沖縄まで766件(48校)の応募がありました。厚くお礼申し上げます。
10月10日(日)に、優秀論文を発表する論文発表会と環境映画上映会が行われ、多数の方が来場、盛会裏に終了しました。

 

受賞者のみなさん
表彰式(左:中川 沙羅葉さん、右:古澤学長)
※写真はワンクリックで大きくなります

第1部 論文発表会・表彰式

環境大賞、鳥取県知事賞、鳥取市長賞、新日本海新聞社賞を受賞した4名がそれぞれの作品を発表いたしました。

 

環境大賞 「Do Tank > Think Tank」
筑波大学附属坂戸高等学校 3年 中川 沙羅葉さん
「Do Tank(行動の集積)」の考え方を「深く考え抜いたことを実現させる」と捉え、水質悪化が進む地元・伊佐沼(埼玉県川越市)の水質浄化に取り組んでいる。水質浄化効果の高いヨシに代え、新たな水質浄化策としてサトウキビを用いたファイトレメディエーションについて提言しました。

 

鳥取県知事賞 「コウモリ研究と地球環境の関係性について」
北海道富良野高等学校 3年 中村 一輝さん
自らが所属する科学部が、地元・富良野で取り組むコウモリの生息に関する研究。中村さんはこの研究を通じて感じた、「人と自然が共生し、生物多様性の守られた街づくりの重要性」について訴えました。

 

鳥取市長賞 「あなたのまちにもいませんか?」
栃木県立小山北桜高等学校 2年 海老原 健太さん
レッドデータブックに記載されている絶滅危惧種のトウサワトラノオの群落が、50年ぶりに再発見された。このことにより自身が通う高校で生態研究に取り組み、自然環境の保護には、その生物に目を向け、理解することが重要であると訴えました。

 

新日本海新聞社賞 「'2010年'の決意 ギフチョウの消えた里山から」
大阪府立園芸高等学校 3年 春木 貴志さん
春の女神とも言われる日本固有種ギフチョウの保護活動に参加してきた春木さん。2010年の春、地元・能勢町(大阪府)からギフチョウは絶滅しました。それをきっかけに感じた生物多様性保全の重要性ついて訴えました。

 

環境大賞
中川 沙羅葉さん
鳥取県知事賞
中村 一輝さん
鳥取市長賞
海老原 健太さん
新日本海新聞社賞
春木 貴志さん

 

4名の受賞者の発表に引き続き佳作も含めた個人賞7名、 学校賞3校に古澤学長、鳥取県くらしの安心局松田局長、鳥取市深澤副市長、新日本海新聞社田中営業局長より、 賞状・副賞・記念品が贈られ、ご講評を戴きました。

 

 

●第2部 環境映画上映会

環境映画:「Oceans(オーシャンズ)」

第2部は、環境映画「OCEANS(オーシャンズ)」の上映会が行われました。
「Oceans(オーシャンズ)」は、第22回東京国際映画祭のオープニング作品としても上映され、生命(いのち)の源である大いなる海を舞台に、生物多様性の素晴らしさを描いたネイチャードキュメンタリー作品。生物多様性の重要性を多くの方に受け止めてもらう大きなきっかけになりました。



主催等 <主催> 鳥取環境大学
<共催> 鳥取市
<後援> 鳥取県、鳥取県教育委員会、鳥取市教育委員会、 NHK鳥取放送局、
新日本海新聞社

各賞一覧

賞名
論文タイトル(作品名)
都道府県
氏名(敬称略)
高校名
環境大賞
Do Tank > Think Tank
埼玉県
中川沙羅葉 筑波大学附属坂戸高等学校
鳥取県知事賞
コウモリ研究と地域環境の関係性について
北海道
中村一輝
北海道富良野高等学校
鳥取市長賞
あなたのまちにもいませんか?
栃木県
海老原健太 栃木県立小山北桜高等学校
新日本海新聞社賞
‘2010年’の決意 ギフチョウが消えた里山から
大阪府
春木貴志 大阪府立園芸高等学校
佳作
落ち葉による硝酸態窒素の除去方法
宮崎県
園田修平 宮崎県立宮崎大宮高等学校
佳作
三木のまちで考える
~サッカー小僧からみた環境問題~
兵庫県
菊本祥平 兵庫県立三木北高等学校
佳作
海と人とが生きるためには
埼玉県
吉井萌恵
筑波大学附属坂戸高等学校

 

学校賞関係
高校名
都道府県
学校賞
都城工業高等専門学校
宮崎県
学校賞
兵庫県立尼崎北高等学校
兵庫県
学校賞
島根県立津和野高等学校
島根県
奨励賞
神戸学院大学附属高等学校
兵庫県
奨励賞
育英西高等学校
奈良県
奨励賞
聖カタリナ女子高等学校
愛媛県
奨励賞
愛知県立鶴城丘高等学校
愛知県
奨励賞
愛知県立岡崎工業高等学校
愛知県
奨励賞
福岡工業大学附属城東高等学校
福岡県
奨励賞
北海道滝川高等学校
北海道
奨励賞
岡山学芸館高等学校
岡山県
奨励賞
北海道札幌藻岩高等学校
北海道
奨励賞
岐阜県立岐山高等学校
岐阜県

第7回報告書:テーマ『環境問題―わたしのまちから考える―』

アイコン
第7回報告書(PDFファイル/ 2.75 MB)

 


アドビ社のHPへ   PDFファイルをご覧いただくには,「Adobe Reader」が必要です。インストールされていない場合は左のバナーをクリックしAdobe社のホームページからダウンロードしてご利用ください。

 

※参考※

募集テーマ
「環境問題―わたしのまちから考える―」
※上記をテーマに自由な視点によるタイトル付けも可能



募集期間
平成22年6月5日(土:環境の日)~同年9月4日(土) ※当日消印有効
応募資格等   (1) 日本の高校に在学している高校生[国籍不問]
(2) 応募は1人1作品のみとし、日本語で書かれた未発表のものに限る
(3) 文字数は2,000字以上3,000字以内
(4) 高等学校等団体で応募する場合は、作品送付シートに必要事項を記載して、作品とあわせて送ってください。
Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.