公立大学法人公立鳥取環境大学環境方針

このページをプリントする
本学の環境方針です。

理念

公立大学法人公立鳥取環境大学は、持続可能な社会の実現が人類にとって最重要課題であると認識し、「人と社会と自然との共生」の実現に貢献する有為な人材を育成するとともに、本学内外における全ての活動が地球環境の保全に寄与するよう行動する。

方針

1. 本学の活動に関わる環境への影響を認識し、環境汚染の予防を推進するとともに、内部監査を定期的に実施して環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
       
2. キャンパス内の全ての活動において、環境関連法規、規則、条例及び本学が同意するその他の要求事項を遵守する。
       
3. 本学の活動に関わる環境への影響のうち以下の項目を重点項目とし、環境目的及び目標を設定する。
  (1) 公立鳥取環境大学基本理念に基づく教育及び研究に取り組む。
  (2) 環境負荷を軽減するキャンパスの実現を目指し、省資源・省エネルギーを推進する。
  (3) 環境保全の活動を積極的に推進することで地域社会への貢献を目指す。
       
4. 環境保全活動の徹底を図るために、教職員、学生並びにキャンパス内に常駐する関連協力業者に対し、環境方針の周知及び環境教育を行う。

 

この方針は一般に公開する

2015年 4月 1日
公立大学法人公立鳥取環境大学
理事長 高橋 一

Copyright © 2012 Tottori University Of Environmental Studies, All Rights Reserved.